appjapan-人工関節置換術の手術

人工関節置換術手術についての解説

◆人工関節置換術の手術

◆人工股関節置換手術とは?

 人工関節の耐久力のアップ、そして医療技術の発展に伴い、近年人工関節置換術が頻繁におこなわれるようになりました。

 高齢化の一方性を辿る日本国では、年齢の加齢とともに統計的に増えていく関節痛の問題は切っても切れない大きな問題です。

 基本的に、人工関節は体にとっては異物を導入することになるのですから、人工関節の導入は最終的な手段とされています。

 しかし、医療技術の発展に伴い、ある程度の段階で手術へ移行できる体制が整いつつあるのも事実です。

 人工関節を必要とする代表的な障害としては、変形性膝関節症等がありますが、これらの関節障害は大きな痛みと長年のストレスをこうむる障害です。

 進行性の障害である以上、比較的早い段階で手術に踏み切ることも、その後の人体的負担、経済的負担の緩和に繋がる場合も多いのです。

◆人工関節置換術UKA

略称:UKA(Unicompartmental Knee Arthroplasly)

 人工関節置換術(じんこうかんせつちかんじゅつ)とは、比較的小さい人工関節を用いる置換術です。

 主に、O脚患者の場合、内側の軟骨だけが悪く外側の軟骨が正常な方に行います。

 人工関節置換術の利点としては、人工関節のサイズが小さい為、手術による傷も小さく、膝の曲がりが安定している点です。

 但し、骨が弱い方や、前十字靭帯が断裂している方、また年齢が若く活動性が高い方にはお勧め出来ません。

◆人工関節全置換術TKA

略称:TKA(Total Knee Arthroplasly)

 人工関節全置換術(じんこうかんせつぜんちかんじゅつ)とは、関節そのものを全て人工関節に置換し、骨と骨が結合する面を完全に回避する手術の事です。

 手術では大腿骨骨頭部分、及び脛骨の表面を削りとり、人工関節で表面を覆います。

 関節の間には、軟骨の代わりをする素材を入れすべりをよくします。

 全置換術では、骨どうしがこすれることが完全に無くなるので、歩行時の痛み、階段昇降時の傷みもきれいになくなります。

 この全置換術の大きなメリットは、骨そのものを削り取り、地面に対する平行性も保たれる為、「変形性膝関節症」などの場合、変形した膝そのものを矯正できる点です。

◆人工関節の種類と構造

 近年、人工膝関節置換術は非常に認知度が高まりつつあります。

 膝の痛みを覚える高齢者が増加傾向にある昨今では、この人工関節置換術の技術の発展に伴い、装具そのものの高度化も求められます。

 現在人工関節の主流として扱われている製品の構造は以下のとおりです。

 人工関節は主に4つの部品から構成されます。

●大腿骨コンポーネント (金属製)
●サーフェイス(ポリエチレン製)
●脛骨ベースプレート(金属製)
●膝蓋骨コンポーネント(ポリエチレン製)