appjapan-膝にたまる水の対処法・処置法

膝に水がたまる症状についての解説

◆膝にたまる水の対処法・処置法

◆膝に水がたまる症状について

 膝に水がたまる症状は、多くの方が体験する症状のひとつです。

 この膝の内部にたまっている水の正体は一体なにものなのでしょうか?

 答えは、関節内にある関節液が水の正体です。

 この関節液は通常は黄色を帯びた透明色をしております。

 しかし、症状が悪い場合はこの関節液の色の濁りが強くなります。

 この色の濁りの原因は白血球の数です。

 膝に水が大きく溜まると、痛みを伴い徐々に運動が制限されるようになる場合が多くあります。

 更に、膝に水が溜まっている患者がその後、変形性膝関節症などの障害へ移行するケースが多いというデータも出ておりますので、あなどれない障害と言えます。

◆膝に水が溜まるのは癖になるか?

 よく膝に水が溜まる場合、水を抜く処置を行うことがありますが、この膝の水を抜くと癖になるのでは?

 という話が出てきます。

 結論から述べると、膝に水を抜くことが癖になることはありません。

 この誤解が生まれた原因については、最適な治療がなされていないという単純なパターンが多いのが原因と考えられます。

 そもそも膝に水が溜まる原因は、何らかの膝の障害を伴っている場合に限ります。

 多くは炎症や、関節内軟骨の損傷などですが、これらの障害が伴って膝に水が溜まるのです。

 この場合、まずこれらの障害を根本的に処置する事が先決です。

 炎症であればステロイド剤の投与で、水の溜まりを抑制する事もできます。

 これらの根本的な処置を行わず、とりあえず水だけを抜いている場合は、当然症状が残っているわけですから、今後も水が溜まるという事です。

 膝の水が溜まっている場合は、現状の処置として、水を抜き、更に根本の水が溜まる原因に対する処置を行う事によって、症状が回復していくという大前提を必ず把握しておくことが重要です。

 但し、水が溜まる原因としての症状は、いきなり回復するものでもありません。

 そう考えると、ある程度の期間は再度、水を抜かなくてはいけない可能性があるのも事実です。

 ここで考えられるのが、根本の原因となる症状を治すまでは水を抜いても意味がないのではないか?

 という考えです。

 これは、この濁りの多い関節液自体はさまざまな成分が含まれている為、関節に悪影響を及ぼす可能性を秘めている為、意味がない・・・という事は決してありません。

 また、水が溜まっている事による痛みも緩和されるので、やはり水を抜いてもらう処置を行う意味は存在すると言えます。

 また、膝の水を抜かないでいた場合に、変形性膝関節症などの障害を発症する確立が高まるなどのデータも出てきているので、一時的な処置としても水を抜いて正常な状態をキープしておくことは重要と言えます。