appjapan-目の内出血の対処法・処置法

目の内出血・対処方法についての解説

◆目の内出血の対処法・処置法

◆目の内出血の発生原因について

 目に内出血が発症した場合、その原因は大きく2つの原因が検討される。

 ひとつは、結膜炎などの細菌感染によるもの。

 そしてもうひとつは、外部的圧力などによる眼球組織の損傷によるもの。

 この2つである。

 前者の場合、内出血の主な原因となるものは、感染患部の炎症が大きな要因を占める。

 その為、抗炎症作用のある「目薬」や「内服薬」の服用が必要となる。

 後者の場合は、早急に医師の診断を受ける必要がある。

 眼球組織が想像以上に固い構造となっているが、その組織が変形、陥没などをすると最悪失明の可能性も出てくる為である。

◆眼球の構造

 外力的圧力による眼球損傷の発生過程は以下のとおりとなる。

 人間の眼球は、「眼窩」と呼ばれるソケットの中に入っている。

 このソケット内では「6つの筋肉」が複雑なバランスを保ちながら眼球を稼動させている。

 しかし、衝撃などを受けた際、この眼球の動作に関与する筋肉のバランスが失われると、視覚障害を発症する。

 多いケースとしては、ものが二重に見えるなどの初期症状があげられる。

 次に、眼球の受け皿にあたるソケット部分を構成する骨に亀裂などが生じると、その部位に大きな内出血を発症するケースも出てくる。

 外部的外力、いわゆる目の打撲などで内出血が生じるケースでは、この眼球内の骨に骨折が見られるケースが大半である。

◆眼球に発生する内出血のメカニズム

 眼球部分に内出血を発生するメカニズムは幾つかのケースがあるが、その多くは疲労性のものと酸素の不足によって発症することが確認されている。

 酸素の不足とは眼球に張り巡らされている血管が酸欠状態となって血液循環が悪化したり、最悪のケースでは死滅してしまったりするような眼の障害。

 眼球に発生する内出血は場合によっては失明の兆候でもあるため必ず眼下の診察を受けることが重要だ。

 特に持病として糖尿病を持っている方の場合は、眼球内部の血管に損傷をきたしやすい。

 これは糖分の代謝活動が上手に出来ないことが原因。

 このようなケースでは一度、地域にある医療施設か眼科を受診し眼底検査を受けてみると良いだろう。

 検査の数値が問題ない場合は血液循環系の器官に問題がないかもチェックしておきたい。

 眼底検査から糖尿病の可能性が発見されるケースも実は以外に多い。

 特に糖尿病網膜症の発見は眼底検査が非常に有効である。

◆視力低下を改善するアントシアニン

 視力低下を予防する健康食品が近年注目を集めている。

 これらの成分は本当に効果があるのだろうか?

 一時、視力の低下を予防する食品として注目を集めた成分がブルーベリーである。

 ブルーベリーは日本では中々お目にかかることは少ないが、西洋では日常でもよく食する食品のひとつでジャムなどの加工製品となって広く親しまれている。

 このブルーベリーが人気を集めた理由は、ブルーベリーの深い紫色の色素成分ともなっている「アントシアニン」と呼ばれる成分が含まれている為。

 このアントシアニンは
●眼の疲労回復作用
●視力低下症状の改善
 に効果があることがわかってきたため、そのアントシアニンを豊富に含んでいるブルーベリーが急激に注目を集めたのである。

 ひとことにブルーベリーといっても幾つかの種類があり、その中でも最も色素成分が強くアントシアニン含有量が高いブルーベリーが「ビルベリー」と呼ばれるもの。

 ビルベリーのアントシアニン含有量はずば抜けて高い為、健康補助食品などで使用されるアントシアニン製品の多くはビルベリーを使用するようになっている。

 また、視神経の働きを向上させる効能があるとしてビタミンB群は昔から人気が高い。

 ビタミンBはB1、B2など複数の種類があるためB郡とされるが、このビタミンB群は眼球疲労の改善にも有能な効果を発揮する。

 長時間のデスクワークなどで目に疲れを感じた時は、このようなビタミンB群の摂取をおこなうと症状が楽になるだろう。